my letter~妹たちへ~

「幸せ結婚生活」を送るためのコツや考え方をお伝えします

【幸せ結婚生活】「一人で完璧に」をやめませんか?(「新ルールズ」より)

こんにちは、ゆきの(@2001senpea)です。

 

 

あなたは「完璧主義」ですか?

 

 

「いやいや、完璧主義なんてほど遠い。わたし、すごい適当で……」

 

適当ならば「余裕」はありそうですよね。

 

「適当なんだけど、余裕はないなー」というあなた。

 

もしかして、一人ですべてやろうとしていませんか?

 

 

今回は、いくつもの役割をもつ、マジメでがんばり屋さんの女性が、余裕をうまく作って受け取る方法について、お伝えしますね。

 

参考引用文献は「新ルールズ」の「ルール27 すべてを完璧にやろうと思わないこと」です。

 

 

 

 

すべての役割を完璧に果たすのは無理

 

f:id:yukinolife:20180728211942j:plain

 

現代社会の既婚女性は多忙です。

(中略)

なんでも自分でやろうとしたら、あなたは体力も正気も失ってしまいます。エネルギーは自分自身のため、家族のため、そして仕事のためにとっておくようにしてください。

(引用「新ルールズ」)

 

あなたは妻であり、働いていたら社会人であり、お子さんがいたら母でもあり、ご両親が生きているなら娘であり、一人の女性でもあります。


わたしは子どもがいないので母の役割はありませんが、妻・社会人・娘・一人の女性、4つの役割があります。

 

あなたもいくつもの役割を同時に持っていますよね。

 

そのすべてを一人で完璧に果たそうとしたら、時間は確実に足りないし、体力ももちません。

 

 

そうかもしれないけど……

 

「自分でやってしまったほうが早いから」とか

 

「人に頼むなんてできない」とか

 

「わたしの要領が悪かったり、努力が足りないんだ」とか

 

思って、がんばってしまう女性はすごく多いです。

 

 

母親や、周りの友だちは、一人で完璧に何役もこなしているようにみえませんか?

 

以前のわたしはそう思っていました。

 

みんな家事が完璧そう、美味しい料理を作り、おうちもピカピカキレイなんだろうなって。

 

仕事と家事の両立も、みんなうまくやっているようにみえました。

 

だからわたしも、みんなと同じように、すべての役割を完璧にやりたい、そう思っていたのです。

 

 

あなたもそんなふうに思っていませんか?

 

 

完璧を求めた結果

 

あなたが働きすぎると、しわ寄せは夫と子供にくるでしょう。また、家事に時間を費やしすぎると、しわ寄せはあなたの容姿にもきます。

(中略)

完璧主義者になってはいけません。染み一つない家の中でいつもピリピリしているよりも、細かいことが未処理でも、30分ゆっくり昼寝をした方がいいのです。

(引用「新ルールズ」)

 

すべての役割を完璧にやって、余裕があるなら良いのです。


でもわたしには、無理でした。

 

 

「完璧にやりたい」と思うことで

 

・完璧にできない自分に落ち込む

 

・完璧にやりたいために心にも時間にも体力的にも、余裕がなくなる

 

 

そうなると、ちょっとしたことで「カチン」と来るし、思うとおりにならないと「ムカッ」とするし、夫に「ありがとう」と伝えることも難しくなります。

 

 

優しい言い方のすすめ」で書いたような優しい言い方への変換はできません。

 

夫と意見が食い違ったら?」で書いたように夫の意見を通してあげることもできません。

 

良いことは、なかったのです。

 

 

余裕の作り方

 

今わたしは、いかに楽するかを考えています。

 

「完璧」よりも「余裕を持つ」ことが優先です。

 

 

本書には、余裕を作るための10個のヒントが書かれています。

 

どれも具体的に詳しく書かれているので、興味ある方は本書を読んでみてくださいね。

 

 

わたしが思う余裕の作り方は

 

やらなくて良いことを

 

①リストアップ

 

②やらない

 

③罪悪感を抱かない

 

です。

 

 

①リストアップ


やらなくて良いことは、人によってすごく違います。

 

 

料理が大好きな人で、気分転換になる人は、やらないことリストに料理を入れたくないでしょう。

 

でも嫌いな人は、一番に料理が上がってくるかもしれません。

 

 

お買い物が好きな人は、実店舗に行ってショッピングがしたいでしょう。

 

でもあまり好きではない人は、あらゆるお買い物をネット通販にしたらメリットが大きいですよね。

 

 

子どもといつも一緒にいたい人は、誰かに預けたいと思わないかもしれません。

 

でも自分の時間も必要な人は、子どもを預けて一人の時間が欲しいと思うでしょう。

 

 

あなたの「やらなくて良いこと」「やらずに済むこと」はなんでしょう?

 

あなただけの「やらないことリスト」を作ってみましょう。

 

 

②やらない

「やらないことリスト」の実現を考えましょう。

 

・手を抜く

 

・やめても大丈夫なことはやめてしまう

 

・お金で解決できるか検討する

 

・頼める人がいないか、考えてみる

 

 

方法は思ったよりもたくさんあります。

 

いきなりすべての実現は難しいかもしれませんが、少しずつでも楽する方法を考えてみませんか。

 

 

③罪悪感を抱かない


「やらないこと」を決めて、実現できたなら、やらない自分に罪悪感を抱かないと決めましょう。

 

マジメで一生懸命な女性は、やらない自分を許せない人が多いです。

 

でもせっかく作った「余裕の時」。

 

罪悪感を抱きながら過ごすなんてもったいない。

 

 

「余裕の時」を上手に受け取りましょう。

 

 

夫からのプレゼントの受け取り方について書いた「受け取り上手になりましょう」や「素直に受け取れない3つの理由」も参考にしてみてくださいね。

 

妹たちへ

 

・あなたは役割がいくつもあります。すべての役割を完璧にこなそうと思わないで。

 

・心・時間・体力の余裕を作りましょう。

 

・やらないことで得られた「余裕」をうまく受け取りましょう。

 

 

 

◆心と時間を整理整頓。わたしの日常を安定させてくれることについてのブログも書いています。

my info~心と時間の整頓ツール~